HOMEFASIDについて > 沿革

印刷する沿革

財団法人国際開発高等教育機構(FASID) 沿革

 財団法人国際開発高等教育機構(FASID)は、開発援助人材の育成を主たる目的として、平成2年(1990年)に経済団体連合会(当時)の積極的な協力の下に設立された外務省及び文部科学省両省の共管の財団法人です。
 昭和60年12月、外務大臣の私的諮問機関である『ODA実施効率化研究会』(小倉武一座長)が、その報告書の中で「わが国の将来の援助要員を養成し、開発途上国の研修生・留学生の受け入れをも行いうる大学院レベルの高等教育・研究機関として、国際開発大学(仮称)の設立」を提唱しました。この国際開発大学構想は、その後の学識経験者等による検討を経て、平成元年7月に外務大臣に提出された援助関連高等教育機関のあり方を検討する作業委員会(川野重任座長)の報告書において、まず第1フェーズで内外の研究者の交流、共同研究、海外派遣、セミナー、研修等ソフト面の事業の実施と欧米の大学との連携、国内大学間ネットワークの構築を進め、第2フェーズで独立の大学院大学の設立を検討、第3フェーズでは、開発途上国に設置される類似の機関との国際的なネットワークを形成するといった段階的な方法で推進することが指摘されました。こうした検討を経て平成2年3月に、政府・民間双方の協力により国際開発大学構想を推進する中核的機関として、FASIDが設立されることとなりました。

出捐企業

※企業名は出捐時のものです。

株式会社住友銀行 株式会社さくら銀行 株式会社東京銀行
 
鹿島建設株式会社 株式会社三和銀行 住友海上火災保険株式会社
株式会社第一勧業銀行 株式会社東海銀行 東京海上火災保険株式会社
東京電力株式会社 株式会社東芝 トヨタ自動車株式会社
日本火災海上保険株式会社 日本生命保険相互会社 株式会社日本長期信用銀行
野村証券株式会社 株式会社富士銀行 丸紅株式会社
三井海上火災保険株式会社 株式会社三菱銀行 三菱信託株式会社
三菱重工業株式会社 安田火災海上保険株式会社  
 
株式会社あさひ銀行 伊藤忠商事株式会社 新日本製鐵株式会社
住友化学工業株式会社 住友商事株式会社 株式会社そごう
日産自動車株式会社 日商岩井株式会社 株式会社日本興業銀行
三井物産株式会社 三菱商事株式会社  
 
昭和シェル石油株式会社    
 
社団法人海外コンサルティング
企業協会
兼松株式会社 川崎重工業株式会社
近代商事株式会社 鉱研工業株式会社 株式会社コマツ
サクラ精機株式会社 新キャタピラー三菱株式会社 株式会社トーメン
ニチメン株式会社 日産生命保険相互会社 日本工営株式会社
日本郵船株式会社 株式会社長谷工コーポレーション 日立造船株式会社
丸善株式会社 三井造船株式会社

FASIDの歩み


1990(平成2)年 ■財団法人国際開発高等教育機構(FASID)設立(3月27日)(主務官庁: 外務省、文部科学省)
  ■PCMコース、国際機関コース開始
  ■EDI/FASID共同セミナー開始(~平成16年)
世界銀行経済開発研究所。その後WBI(世界銀行研究所)に改組
  ■研究者等の海外派遣事業(高等教育学位プログラム等)開始(~平成19年)
1991(平成3)年 ■開発援助共同講座開始(~平成14年)
1996(平成8)年 ■BBL(ブラウンバッグランチ)セミナー開始
  ■NGO研修コース開始(~平成23年)
1997(平成9)年 ■国際開発研究 大来賞創設
1998(平成10)年 ■開発と企業セミナー開始
2000(平成12)年 ■国際開発大学院共同プログラム(修士課程)を政策研究大学院大学との共同のもと開始(~平成23年)
2001(平成13)年 ■開発援助評価コース開始
2003(平成15)年 ■国際開発入門コース開始
2005(平成17)年 ■現地ODAタスクフォース遠隔セミナー開始(~平成21年)
2012(平成24)年 ■「一般財団法人国際開発機構」に移行登記 (10月1日)