FASID 一般財団法人国際開発機構

お問い合わせ

2019年度 FASID PCM手法実践的モニタリングコース

2019年度 FASID 
PCM手法実践的モニタリングコース
(PCM手法モニタリング評価コース応用編)

本研修は、PCM手法研修モニタリング・評価コースを修了し、より実践的なマネジメントスキルを習得されたい方を対象に、JICAの新モニタリングに直結するモニタリングシートや事業完了報告書(PCR)の作成を実践的に学べるカリキュラムとなっています。
講師は、実践的な研修として評価を得ているJICA職員対象の「JICA内部人材向けPCM手法研修」(2015年度~2018年度)に従事し、技術協力プロジェクトや評価業務の経験が豊富な当財団職員が務めます。
 
研修概要
■主催:  一般財団法人 国際開発機構(FASID)
■日時:  2019年7月17日(水)、7月18日(木) 9:30~17:30
■場所:  当財団セミナールーム(港区麻布台)※詳細は下記をご覧下さい。
■対象:  JICAの技術協力プロジェクトに専門家として従事した経験、あるいは今後従事予定のある開発援助実務者で、PCM手法研修モニタリング評価コースを修了している方。FASID以外の主催による左記研修を受講された方も受け付けます。
■参加費:48,600円(税込)(法人賛助会員・FASIDフレンズは38,880円(税込))
■定員:  16名

 


プログラム
応募方法
■応募方法:オンライン応募フォームよりご応募下さい。
(下記、「応募フォームはこちら」ボタンをクリックしてください。)

 

■募集締切:  2019年7月1日(月)正午まで

■受講者の決定:
 募集締切後、参加の可否及び受講費の振込先情報などについてご案内いたします。なお、応募者が定員を超えた場合は、選考により受講者を決定します。

■留意事項
・受講費は、受講決定後にご案内する期日までに当財団の口座までお振込みください(振込み手数料は各自ご負担となりますのでご了承ください)。
・受講費をお支払いいただいた後の辞退につきましては、事務手数料5千円と、振込手数料(実費)を差し引いた額を返金いたします。なお、研修当日の辞退につきましては、受講費全額をお支払いいただきます。
・修了証書は、80%以上の出席をされた方に発行いたします。
 
■お問い合わせ先:
 一般財団法人 国際開発機構(FASID)
 人材開発事業部 山本 敦夫

電話:03-6809-1996
Email:pcm_moni@fasid.or.jp
アクセス
一般財団法人 国際開発機構(FASID)
〒106-0041 東京都港区麻布台2-4-5 メソニック39MTビル6階
・東京メトロ日比谷線 神谷町駅 1番出口より徒歩6分
・都営大江戸線 赤羽橋駅 中之橋口より徒歩7分
・都営三田線 御成門駅 A1出口より徒歩10分

ページ上部へ