FASID 一般財団法人国際開発機構

お問い合わせ

第248回FASID BBLセミナー「TICAD8の成果と展望 ~コロナ禍のアフリカ諸国との議論を踏まえて~」(2022年9月14日(水)実施)



【セミナー概要】
 日本政府は、1993年以降、四半世紀にわたり、アフリカの開発をテーマとする国際会議であるアフリカ開発会議(TICAD)を、国連、国連開発計画(UNDP)、世界銀行及びアフリカ連合委員会(AUC)と共同で開催しています。本年8月27日、28日に、世界がコロナウイルス感染症の拡大を経験してから初のTICADが、チュニジアで開催されました。

 アフリカは、経済成長や人口増加の目覚ましい「21世紀最大のフロンティア」である一方、依然として紛争や貧困、更には気候変動など多くの課題に直面しています。さらに近年感染拡大した、新型コロナウイルス感染症や年初より続くウクライナ紛争の影響は、アフリカが抱える脆弱性を改めて浮き彫りにしています。
 
 今回のBBLセミナーでは、外務省からをアフリカ部アフリカ第一課長 間瀬 博幸(ませ ひろゆき)氏をお招きし、日本にとってのアフリカの重要性、コロナ禍において明らかになったアフリカの課題、TICAD8において何が議論されたか、TICADにおいて示された日本の取組についてお話しいただきます。

■講師略歴
間瀬 博幸(ませ ひろゆき)⽒/外務省
1998年外務省⼊省。これまで、外務省本省にて、無償資金協力課、日米安全保障条約課、気候変動課、経済条約課で勤務したほか、在外では在セネガル日本国大使館、在インド⽇本国⼤使館、国連日本政府代表部で勤務。また、内閣法制局に出向し参事官として法令・条約の審査を担当。2021年8⽉より現職。TICAD 8では会議の内容及び運営に関する総合調整を担当。





■申し込み締め切り:2022年9月7日(水)正午まで (先着順)
申し込みは締め切りました

■申し込み方法:
参加ご希望の方は、以下の方法でお申し込みください。
外部のイベント管理サービスPeatix(ピーティックス)からのお申込み(以下URL)
https://bbl248.peatix.com
※参加費のお支払いはクレジットカード(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、PayPal)となります。
ご利用には、Peatixのアカウント登録(無料)が必要です。
FASID賛助会員(法人会員または個人会員の方、参加費:無料)の方は、チケット種別「FASID賛助会員(法人会員または個人会員)」を選択し、必要事項をご記入の上お申し込みください。ご所属先がFASIDの賛助会員かどうかは、こちらの名簿からご確認ください。
銀行振り込みをご希望の方は、個別に下記のお問合せ先にメールにてご連絡ください。


■お申込みから受講までの流れおよび参加における留意事項:
・お申込み後、Peatixから自動的に申込完了メールが届きますので、メールの受領をご確認ください。申込み完了のメールが届かない場合は、メールで担当までご連絡ください。
・ZoomのURLは、Peatixウェブサイト、並びにメールにて前日正午までにご案内いたします。ZoomのURLがお分かりにならない場合はメールで担当までご連絡ください。
・お申込いただいた方の通信環境や接続状態によっては配信が途切れるなど、聞き取りにくい可能性もございます。ネットワーク環境のよい場所からご参加ください。
・チケット1枚につき1つのデバイスからのみ接続いただきますようお願いいたします。

■キャンセルについて
・お申込いただいた方の都合によりキャンセルされる場合、およびお客様の機器やインターネット接続・環境を原因とするトラブルなどが発生した場合には、参加費の返金には応じかねます。

ご不明な点がございましたら、以下へお問い合わせください。

お問い合わせ先
一般財団法人国際開発機構(FASID) 国際開発研究センター 担当:日野/吉澤
〒106-0041港区麻布台2-4-5 メソニック39MTビル6階 
Email: bbls@fasid.or.jp
(現在、在宅勤務を実施しております。お問合せはメールでお願いいたします)
 
メール自動配信サービスPCM手法研修大来賞奨学金FASID セミナー

ページ上部へ