FASID 一般財団法人国際開発機構

お問い合わせ

【発表資料・報告書を掲載しました】第247回FASID BBLセミナー「開かれた新しい国際会議 “東京栄養サミット”~成果と今後の展望~」2022年1月12日(水)


本セミナーは終了いたしました。多数のご参加をありがとうございました。
発表資料・報告書を掲載しましたので、ぜひご活用ください。

■講師:稲岡 恵美 氏 / 外務省 国際協力局国際保健政策室 課長補佐/国際保健専門官
■日時:2022年1月12日(水) 12時30分-14時 
■場所:Zoomウェビナー
■言語:日本語(通訳なし)
■参加費:500円(賛助会員 無料)
■定員:85名(先着順・要申込み)
 現在、5歳未満児の年間死亡の45%が低栄養に関係している一方で、途上国を含む世界各国で子どもの過栄養が増加しています。また、新型コロナウィルス感染症の影響は、貧困、保健医療サービス利用の低下をもたらし、その結果、栄養状態が悪化しています。さらに近年、地球規模の課題となっている自然災害、気候変動は、食料供給に影響するため栄養課題の一つとして考えられ、先進国における食品ロスも深刻な栄養課題です。これらの栄養課題は保健・農業・水衛生・教育等の様々な分野と関連しているため、各分野が連携して、分野横断的(マルチセクトラル)に介入することがSDGsの達成に重要です。
 こうした気運を盛り上げるため、2021年12月7日、8日に日本政府主催により、東京栄養サミットが開催されました。会合には、各国政府、国際機関、学術機関、市民社会、民間企業など多くの関係者が参加し、健康、食、強靭性、アカウンタビリティ、財源をテーマ*に世界の人々の栄養改善について幅広く議論が交わされました。さらに、国際社会の行動の方向性を定め、栄養分野の資金的・政策的コミットメントを発表しました。
 第247回FASID BBLセミナーでは、外務省国際協力局国際保健政策室 国際保健専門官の稲岡恵美(いなおか えみ)氏をお招きし、栄養サミット開催に至る経緯や、ODAを通じた外交の観点からみる栄養サミット、さらにオンラインでの会議開催のあり方にも触れつつ、サミットの具体的な成果とともにサミットを通じて日本が世界の栄養改善事業にどう貢献できるのか、今後の展望についてお話しいただきます。
是非、奮ってご参加ください
東京栄養サミット2021の5つのテーマ (1)健康:栄養のユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)への統合、(2)食:安全で持続可能かつ健康的な食料システムの構築、(3)強靭性:脆弱な状況下における栄養不良対策の促進、(4)説明責任:データに基づく説明責任の促進、(5)財源:栄養のための資金調達の推進

■講師略歴
稲岡 恵美 (いなおか えみ)氏/外務省国際協力局国際保健政策室 国際保健専門官
製薬企業勤務、アジア・アフリカ他における保健医療分野の援助事業に従事。国際家族計画連盟(IPPF)では母子保健・エイズ対策、国際協力機構(JICA)では地域保健事業、国際協力銀行(JBIC)では保健制度改革や医療インフラ建設等。この間、東京大学医学系研究科博士課程、ハーバード大学公衆衛生学科にて保健システムを研究。2007年に外務省入省。現在、2度目の国際保健政策室勤務。新型コロナウィルス感染症対策、G7/G20等、世界の健康問題に貢献すべく日本政府のグローバルヘルス戦略に従事。
■申し込み締め切り:2022年1月7日(金)正午まで(先着順)
■申し込み方法:
参加ご希望の方は、以下の方法でお申し込みください。
外部のイベント管理サービスPeatix(ピーティックス)からのお申込み(以下URL)
https://bbl247.peatix.com
※参加費のお支払いはクレジットカード(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、PayPal)となります。
ご利用には、Peatixのアカウント登録(無料)が必要です。
FASID賛助会員(法人会員または個人会員の方、参加費:無料)の方は、チケット種別「FASID賛助会員(法人会員または個人会員)」を選択し、必要事項をご記入の上お申し込みください。ご所属先がFASIDの賛助会員かどうかは、こちらの名簿からご確認ください。
銀行振り込みをご希望の方は、個別に下記のお問合せ先にメールにてご連絡ください。
■お申込みから受講までの流れおよび参加における留意事項:
・お申込み後、Peatixから自動的に申込完了メールが届きますので、メールの受領をご確認ください。申込み完了のメールが届かない場合は、メールで担当までご連絡ください。
・ZoomのURLは、Peatixウェブサイト、並びにメールにて前日正午までにご案内いたします。ZoomのURLがお分かりにならない場合はメールで担当までご連絡ください。
・お申込いただいた方の通信環境や接続状態によっては配信が途切れるなど、聞き取りにくい可能性もございます。ネットワーク環境のよい場所からご参加ください。
・チケット1枚につき1つのデバイスからのみ接続いただきますようお願いいたします。
■キャンセルについて
・お申込いただいた方の都合によりキャンセルされる場合、およびお客様の機器やインターネット接続・環境を原因とするトラブルなどが発生した場合には、参加費の返金には応じかねます。

ご不明な点がございましたら、以下へお問い合わせください。

お問い合わせ先
一般財団法人国際開発機構(FASID) 国際開発研究センター 担当:神谷/今
〒106-0041港区麻布台2-4-5 メソニック39MTビル6階 
Tel: 03-6809-1997 Fax: 03-6809-1387 Email: bbls@fasid.or.jp
(現在、在宅勤務を実施しております。お問合せはなるべくメールでお願いいたします)
 
メール自動配信サービスPCM手法研修大来賞奨学金FASID セミナー

ページ上部へ