HOME事業紹介研修 > 講師からのメッセージ

印刷する講師からのメッセージ

西嶋 良介 (にしじま りょうすけ) 
ヤマハ発動機(株)海外市場開拓事業部 経済協力グループ 開発援助担当主査


企業は国際機関やNGOと連携し、お互いの活動を通じた共通価値を見出す事が必要なのかもしれません。


ヤマハ発動機は、1960年代からアフリカ市場の調査を開始し、船外機の普及を目的とした漁船の動力化を進めてまいりました。その後、日本政府の進めるアフリカ支援プログラムに、自社の人材、製品、技術をつぎ込み、アフリカでの事業経験を積み上げ、同時に商業ベースでの市場開拓を継続してきた歴史があります。私自身もヤマハ発動機に席を置く一方で、JICAのプロジェクトにも参画し、企業、政府機関、双方の立場から、途上国の支援に携わってきました。

今日、アフリカは世界経済の成長の牽引役として注目される一方で、環境や貧困など社会問題の議論の中心としてもその存在感を増してきています。近年ではソーシャルビジネスや貧困層ビジネス(BOP)など、新たなビジネスの議論が広がりつつあります。

アフリカビジネスの特徴は、従来のビジネスの視点では、見つける事の出来なかった領域や手法を自身の目線で捉えることにより企業内に新たなビジネスモデルやイノベーションといった発想をもたらすことにあります。
また、担当者も、その実現に向けて行動を起こす事により、自身も今まで踏み出したことのない世界に身をさらけ出し、新たな世界での出会いや体験を通じて、大きく成長することが出来ます。

その実現に向けた行動の要件の1つとして、企業は国際機関やNGOと連携し、お互いの活動を通じた共通価値を見出す事が必要なのかもしれません。その結果、今まで、国際機関やNGOも自分達の領域では無いとして、発想が浮かんでこなかった、もしくはお互いが避けてきた領域にお互いの共通価値を生み出し、そこから様々な連携と協力が生まれる可能性があります。是非とも、参加者の皆様との意見交換を通して、お互いの活動や考え方を深め、新たな一歩を踏み出して頂きたいと思います。