HOME事業紹介研修 > 過去の研修参加者の声

印刷する過去の研修参加者の声

一般企業

講師の方もこの分野の専門の方が対応していただき、
単なる講習だけではなく、非常に実践的なアドバイスをいただきました


日本の多くの企業は、従来先進国もしくは成長済のアジア諸国に進出することで成長を果たしてきましたが、これらの国が次々に成熟期になるに伴い、企業が今まで通り成長を続けるには新たな地域や顧客、具体的には途上国の中間層以下を開拓する必要があると感じています。今回の「開発と企業セミナー」では、BOPビジネスを題材に途上国の貧困層に対して企業はどのようにかかわるべきかについて、具体的な案件を元に議論させていただきました。
 参加者は民間企業だけではなく、NPOやコンサルタントなど広い分野から集まり、新たな市場に対する問題意識を持っていることから、様々な視点からBOPビジネスに対する意見交換をさせていただきました。また、講師の方もこの分野の専門の方が対応していただき、単なる講習だけではなく、実際に進出するとしたらどのようにすべきか?民間企業、NPO、コンサルタントはそれぞれどのような役割を担うのかについて非常に実践的なアドバイスをいただきました。
参加者の皆様とは、セミナー終了後現在も意見交換や情報交換をさせていただいています。そのような意味からも、参加してためになるセミナーだと思います。
~製造業 研究開発
 

異なる業種の方々が同じテーマについて垣根を越えて議論をおこない、
そこで様々なアイデアを抽出できた事は、このセミナーに参加した最大の収穫でした


私たちは、社内の部門を横断したプロジェクトにおいて「BOPビジネスへの取組み」をテーマに活動を続けておりました。自社のコア技術をBOPビジネスにどのように落とし込めるか、発想を広げる為にこのセミナーに参加させていただきました。
 弊社製品をテーマにしたワークショップでは、異なる業種の方々が同じテーマについて垣根を越えて議論をおこない、そこで様々なアイデアを抽出できた事は、このセミナーに参加した最大の収穫でした。
 また、実際にBOPビジネスに携わっている方からは、具体的な実情を聞くことができました。日本にいながらBOPビジネスを学ぶ場としては、多数出席したBOPセミナーの中でも最も有意義なものだったと思います。
~製造業 営業部

 
 

コンサルティング会社

普段の業務の中では思いつかないような斬新なアイディアや、
メンバー個々の得意分野を背景とした多様な意見が出されるなど、
活発な議論の中で様々な気づきを得ることができました


勤務先(開発コンサルタント)でBOPビジネス調査に従事しており、同分野の知識・理解を更に深めたいと考え、研修に参加しました。研修は主に「講義」と「ワークショップ」に分かれていましたが、講義では、広範かつ網羅的な内容を非常に分かりやすい形で学ぶことができました。またワークショップは、メーカー、NGO、コンサルタントなど様々な業種・セクターの方々との共同作業となりました。普段の業務の中では思いつかないような斬新なアイディアや、メンバー個々の得意分野を背景とした多様な意見が出されるなど、活発な議論の中で様々な気づきを得ることができました。
 総じて、事前の予想・期待を遙かに上回る大変貴重な経験ができました。
~開発コンサルタント

 

NGO/NPO

実際に途上国の現場で活動する中で、セミナーで学んだことを
肌で感じることが多くあります


もともと民間企業で働いていましたが、「いつか途上国で働きたい。BOPビジネスなどであれば自分の経験を活かせるのでは」と思い、NGOへ転職し経験を積んでいました。本セミナーは、「まさに自分の学びたいことが詰まっている」と感じ、迷わず応募しました。
 セミナーでは、NGO・民間企業・コンサルタント所属の参加者と共に、各分野の専門家の講義を聞きながらディスカッションを深め、各組織の人々がどういった視点で事業に取り組んでいるのかなど、様々な学びがありました。グループ毎のBOPビジネス企画書作りでは、実際に途上国の現場で使われるためにどういった製品であるべきかなど議論が白熱し、最終日までにいくつものメールが飛び交いました。実践を想定した議論によって、前半の講義内容がより深く理解でき、BOPビジネスを実施する上でのキモが掴めたように思います。実際に途上国の現場で活動する中で、セミナーで学んだことを肌で感じることが多くあります。3日間という短い日数ですが、非常に良くデザインされたセミナーでした。
~NGO職員(バングラデシュ駐在)