HOME事業紹介 > 研修 > 2017年度ジェンダコース

印刷する2017年度ジェンダコース

【終了しました】
2017年度ジェンダーコース
「統合水資源管理(IWRM)とジェンダー」

応募方法      
English      
水資源分野におけるジェンダー課題の解決に向けた
具体的なアクションが学べます。

 
 FASIDは、さまざまな分野のプロジェクト実施者が、計画・実施・モニタリング・評価に活用できるジェンダーの視点を理解し、ジェンダーの概念や分析ツールを習得することを目的としたジェンダー研修を実施しています。
 2014年度から毎年実施し、これまで「給水」、「農業・農村開発」、「防災・減災」分野におけるジェンダーの視点を取り上げてきました。 
 今年度は、「統合水資源管理」を取り上げます。
 水は、全ての生命にとって必要な資源であり、安全な水の確保は最も重要な開発ニーズのひとつです。
 統合水資源管理(Integrated Water Resource Management, IWRM)とは、
”貴重なエコシステムや環境の持続可能性を損なうことなく、公平性を保ちつつ経済的・社会的福祉を最大化するために、水や土地、および関連の諸資源を調整しながら開発・管理していく(GWA, 2010)“という考え方です。
 統合水資源管理では、女性は水資源の供給、管理と保全において重要な役割を担っています。
 本コースでは、水資源のジェンダー課題を総合的に理解することを目的とした3日間の研修を行います。具体的には、統合水資源管理が扱う広範囲な分野の中から、衛生、農業、環境保全、気候変動(水関連災害)を選び、各トピックにおけるジェンダー課題を理解し、男女の異なるニーズへの対応を実践的に考える機会を提供します。
 講師は、統合水資源管理とジェンダーにおいて先駆的な活動を行う公益団体であるGender and Water Alliance(GWA、在オランダ)の副所長であるMargarit Reinders氏をお招きします(講師及び団体の紹介は裏面をご参照ください)。 
 ジェンダー関連の内容は、初心者向けを想定しています。「水」、「衛生」、「農業」、「水関連災害」分野において国際協力に従事している方、ふるってご応募ください!!
日時
201788日(火)~810日(木) 9:3017:30 (3日間)
対象・定員
開発援助実務に携わる方で、英語での聴講および英語によるディスカッションが可能な方。
水分野事業に従事している方を優先します。
定員20名(募集人数が定員を超えた場合は、選考により受講者を決定します。応募人数が少ない場合、実施を見送る場合があります。)
到達目標・プログラム
■研修中の到達目標■
① 統合水資源管理、およびジェンダーに関する基本的な概念を理解する。
② 統合水資源管理のジェンダー課題、およびジェンダー・多様性配慮の具体的な事例を知る。
③ 水資源分野におけるジェンダー課題の解決に向けた具体的な活動を計画できるようになる。

■3日間の主な内容(講義と演習)
•Introduction, the objective of the Workshop
•The Gender concept: Gender+ and Diversity
•Empowerment: 4 elements
•IWRM and gender aspects
•Gender, Water, Sanitation and Hygiene
•Gender, Water, Agriculture and Food Security
•Gender, Water, and Environment
•Gender and Climate Change (flood and droughts)
•SDGs and gender: Monitoring of a selection of water and gender related SDGs
•Develop a Gender Action Plan for your organization or for yourself
•Evaluation
(※変更の可能性があります。)
講師・所属先
Margriet Reinders (Deputy Director, Gender and Water Alliance)
1980年頃から複数の女性と開発プログラムに技術支援を行った後、西アフリカにおけるジェンダーと開発プログラム(農業、水、マイクロクレジット、生活向上)に従事。2007年にGWAのメンバーとなり、西アフリカや中央アフリカにおいてジェンダーとIWRM/WASHに関連した研修やワークショップを行う。
Gender and Water Alliance (GWA)
GWAは、水資源管理におけるジェンダー主流化を達成するためのグローバルネットワーク(125カ国、2,100メンバー)。 2000年3月の第2回世界水フォーラム(WWF)において、女性と男性の双方による安全で充分な水へのアクセスと水資源の管理を促進する目的で設立された。オランダ政府や英国政府による支援を受けるほか、国際機関やパートナー団体を通じたプロジェクトも実施している。水資源分野におけるジェンダー関連の記事、ケーススタディー、出版物を数多く発行している。www.genderandwater.org
 
参加費
35,000円(税込) 但し、法人賛助会員・FASIDフレンズは2割引の28,000円(税込)
 
場所
一般財団法人 国際開発機構(FASID) セミナールーム

〒106-0041 東京都港区麻布台2-4-5 メソニック39MTビル 6階
・東京メトロ日比谷線 神谷町駅 一番出口より徒歩6分
・都営大江戸線 赤羽橋駅 赤羽橋口より徒歩7分
・都営三田線 御成門駅 A1出口より徒歩10分


 
応募方法・お問い合わせ
応募方法: 応募は終了しました


応募締切り:2017年7月30日(日)

募集締め切り後、営業日3日以内にご本人あてのメールにて参加の可否をご連絡いたします。

キャンセルポリシー:
・研修初日の5営業日以上前にキャンセルの場合は、受講料から振込み手数料を差し引いて返金します。
・研修初日の4営業日前から2営業日前の16時までの間にキャンセルの場合は、事務手数料(5,000円)と振込み手数料を差し引いて返金します。
・研修初日の2営業日前の16時以降にキャンセルの場合、返金しません。

【お問い合わせ】
 一般財団法人 国際開発機構(FASID) 松本
Email: gender2017@fasid.or.jp
TEL: 03-6809-1996


2017 Gender Training Course
"Integrated Water Resource Management (IWRM) and Gender"
 
You will learn specific actions to solve issues in the water sector

   FASID offers training courses on gender, in order to provide opportunities for international development workers to understand gender issues in developing countries and develop skills to apply gender perspectives in their management of project cycles. FASID training courses on gender started in 2014, and so far we have focused on gender issues related to water supply, agriculture and rural community development, and disaster prevention.
   This year we focus on “Integrated water resource management (IWRM)”. Water is our vital resource and access to safe water is the basic human needs.
   IWRM is “a process which promotes the coordinated development and management of water, land and related resources in order to maximize economic and social welfare in an equitable manner without compromising the sustainability of vital ecosystems and the environment” (GWP, 2010).
 This course aims to understand gender issues of water related sector in 3 days training. In the course, we select specific topics such as sanitation, agriculture, environment and climate change, to understand different needs of women and wen in each area. We will learn and discuss about actions to apply and incorporate, so that opportunities and benefits of water sector interventions will be equally available to both men and women.
 The course leader of this training is Margriet Reinders from Gender and Water Alliance (GWA, Secretariat is based in the Netherlands). 
 This course is geared, primarily, to development workers who work in private and public sector organizations that manages projects in health, agriculture, and water related disasters. We welcome those who are not familiar with gender perspectives and gender related issues.


Date
8 Tuesday -11 Thursday August 2017, 9:30-17:30 (3-day)
Participants/Capacity
Development workers and researchers who understand and discuss in English
Maximum of 20 participants
Main contents of the program
•Introduction, the objective of the Workshop
•The Gender concept: Gender+ and Diversity
•Empowerment: 4 elements
•IWRM and gender aspects
•Gender, Water, Sanitation and Hygiene
•Gender, Water, Agriculture and Food Security
•Gender, Water, and Environment
•Gender and Climate Change (flood and droughts)
•SDGs and gender: Monitoring of a selection of water and gender related SDGs
•Develop a Gender Action Plan for your organization or for yourself
•Evaluation
It is a tentative program and may be changed according to the result of training needs assessment.
Course Leader
Margriet Reinders (Deputy Director, Gender and Water Alliance)
She began to work in women and development programs since 1980, later she involved in gender and development programs related to agriculture, water, microcredit and livelihood improvement in West Africa. She became a member of GWA in 2007 and active in providing trainings and workshop on gender and IWRM/WASH in West Africa and Central Africa.
Gender and Water Alliance (GWA)
GWA was established at the Second World Water Forum (WWF) in March 2000. It is a global network organization aims to achieve gender mainstream in water resource management (2,100 members in 125 countries). The mission of GWA is to promote women’s and men’s access to and management of safe and adequate water, for domestic supply, sanitation, food security and environmental sustainability. The Alliance has been financed by the governments of the Netherlands and the United Kingdom, UN and partner organizations. GWA publishes various articles, case studies and other publications related to gender and water sector. www.genderandwater.org
Fee
35,000 Japanese Yen
For FASID members or FASID friends: 28,000 Japanese Yen

 
Location
FASID seminar room
Address: Masonic 39 MT Building 6th Floor, 2-4-5, Azabudai, Minato-ku,
Tokyo 106-0041, JAPAN
Access: http://www.fasid.or.jp/e_about/5_index_detail.shtml
-6 minutes walk from Tokyo Metro Hibiya Line “Kamiya-cho” station
-7 minutes walk from Toei Oedo Line “Akabanebashi” station
-10 minutes walk from Toei Mita Line “Onarimon” station


How to apply
To apply this course, plase click below URL.


Applications are open until 30 July 2017. Application are closed.

We will contact you after July 26th about the details of the payment.

Cancellation policy:
- if you cancel 5 business days before the first day of the training, we charge banking transfer fee and return the training fee.
- if you cancel between 4 business days and 16:00 of 2 business days before the first day of the training, we charge 5,000 JPY and banking transfer fee and return the training fee.
- if you cancel after 16:00pm of 2 business days before the first day of the training, we will not return the training fee.

【For more information】
 S. Matsumoto, FASID
Email: gender2017@fasid.or.jp
TEL: 03-6809-1996