HOME > 研修・セミナー案内 > 【発表資料を掲載しました】(第209回FASID BBLセミナー)2014年12月12日(金)「ジェンダーの視点から考える防災・減災」~災害により強い社会の創生に向けて~

印刷する【発表資料を掲載しました】(第209回FASID BBLセミナー)2014年12月12日(金)「ジェンダーの視点から考える防災・減災」~災害により強い社会の創生に向けて~

【講師】 池田 恵子氏 静岡大学 教育学部/総合防災センター教授
【日時】   2014年12月12日(金) 12時30分-14時 (開場 12時)
【場所】   FASIDセミナールーム(〒106-0041 東京都港区麻布台2-4-5 メソニック39MTビル6階)
最寄駅:東京メトロ日比谷線神谷町駅、都営地下鉄大江戸線 赤羽橋駅
地図: http://www.fasid.or.jp/about/8_index_detail.shtml

【参加費】 500円(賛助会員 無料) 

2015年3月、仙台で第3回国連防災世界会議が開催されます。この会議の主要テーマの一つに「ジェンダー平等」が掲げられています。男性と女性が協力して防災に取り組むことで、災害に強い社会を創っていこうという理念です。 

先進国途上国を問わず、災害の人的被害には男女差があり、女性はより多くの犠牲を受けやすいこと、災害後の女性の労働負担が増加、復興資源へのアクセスにおいて不利になりがちであること、女性への暴力が増加するといった事例が過去の災害とジェンダー研究から明らかになっています。一方で、女性は災害リスクを軽減するために多くの役割を担い、回復力を持っていることも、明らかになってきました。

日本政府は、2005年の第2回国連防災世界会議(神戸)で採択された「兵庫行動枠組み2005-2015」において、すべての防災政策や計画の作成・決定に女性が参画し、女性の視点を導入することを提唱しました。また、2014年3月の第58回国連女性の地位委員会で「自然災害とジェンダー」と題した決議案を提出し、同案は全会一致で採択されました。2014年7月の世界人道サミット北・南東アジア地域準備会合(東京)においても、災害に強い社会づくりと女性の参画の確保を重要視するなど、災害とジェンダーの分野でリーダーシップを発揮しています。

今回のセミナーでは、災害とジェンダーの研究に長く取り組まれている静岡大学 教育学部/静岡大学総合防災センター教授の池田恵子氏より、防災・減災とジェンダーに関する国際的潮流、途上国や日本の具体的な施策の事例についてお話いただきます。
 
【講師略歴】
青年海外協力隊、JICA技術協力専門家(開発とジェンダー)などを経て、2000年より静岡大学教員。 社会地理学、南アジア地域研究が専門。 バングラデシュを対象に、農村住民の災害対応、地域防災への女性の参加などを研究。 東日本大震災女性支援ネットワークのメンバーとして調査や研修に従事。 2014年4月に男女共同参画/ジェンダーの視点を取り入れた防災(復興)対策・体制を普及させていくことを目的に「減災と男女共同参画 研修推進センター」を設立、共同代表を務める。

 減災と男女共同参画 研修推進センター:http://gdrr.org/

お問い合わせ先
一般財団法人国際開発機構(FASID)国際開発研究センター 担当:浜岡
Tel: 03-6809-1997 / Fax: 03-6809-1387  / Email: bbls@fasid.or.jp