HOME > 研修・セミナー案内 > 【発表資料掲載しました】 2013年6月10日(月)開催 「中東北アフリカ、アラブの春とその後」

印刷する【発表資料掲載しました】 2013年6月10日(月)開催 「中東北アフリカ、アラブの春とその後」

講    師:九門康之氏 / 三菱東京UFJ銀行 中東北アフリカ・エグゼクティブ・アドバイザー
日    時:2013年6月10日(月)
      開場12:00  講演 12:30-14:00
場    所:FASIDセミナールーム
参 加 費:500円 (賛助会員:無料)

 
今回のBrown Bag Lunch Seminarでは、三菱東京UFJ銀行 中東北アフリカ・エグゼクティブ・アドバイザーでドバイ在住の九門康之氏をお招きし、「中東北アフリカ、アラブの春とその後」と題しまして、中東北アフリカ諸国にとって、アラブの春とは何であったのか、その経験を通して現地の経済はどのような変化を起こしたのかについてお話いただきます。
 セミナーの冒頭で、舞台となる「中東北アフリカ」のアウトラインについてご説明を頂き、その後2011年に起きた「アラブの春」が、中東北アフリカの各国にどのような影響を及ぼしたのかを解説いただきます。更に、九門氏の長年の経験から「誰と対話すべきか」「現地は何を求めているのか」についてのご意見を述べて頂いた上で、今日の中東北アフリカにおける日本企業の活動、日本と中東の関係、中東北アフリカ諸国の経済状況についてお話いただきます。
 九門氏は大阪外国語大学アラビア語学科在学中に、カイロ大学、チュニス・ブルギバスクール(アラビア語)に留学を経験されました。1982年に東京銀行入行後は、バハレーン支店、海外部(中近東担当部長代理)、ロンドン欧州本部(中近東・アフリカ担当)、カイロ駐在員事務所長と一貫して中東北アフリカを担当され、2011年よりドバイ支店にて現職の中東北アフリカ・エグゼクティブ・アドバイザーを務めておられます。当日は、氏が最近訪れたチュニジアとエジプトの状況についてもお話いただく予定です。
 
 参加ご希望の方は、6月9日(日)までに、お名前、ご所属先名、ご連絡先(Email、電話番号)を添えて、bbls@fasid.or.jpまでお申込ください。会場の都合でご出席頂けない場合のみ、事務局よりご連絡いたします。なお昼食は各自ご持参ください。
 
お問い合わせ先
一般財団法人国際開発機構(FASID)国際開発研究センター 担当:永井
〒106-0041 港区麻布台2-4-5 メソニック39MTビル6階
最寄駅:東京メトロ日比谷線神谷町駅、都営地下鉄大江戸線 赤羽橋駅
Tel: 03-6809-1997 / Fax: 03-6809-1387  / Email: bbls@fasid.or.jp
地図: http://www.fasid.or.jp/about/8_index_detail.shtml