HOME事業紹介FASIDセミナー > BBL(平成18年実施概要)

印刷するBBL(平成18年実施概要)

過去のFASID Brown Bag Lunchの実施概要
(平成18年度)
場所: 当財団研修室
時間: 12:30~14:00
参加費: 無料
(所属および役職名は懇談会開催当時のもの)

平成18年度実施状況
開催日 トピック 講師
第155回 2007年
2月16日
イラクの現状と将来 大野 元裕 氏
(財)中東調査会
上席研究員
<報告書>
第155回報告書(PDF 170KB)
<配布資料>
イラクの現状と将来(PDF 141KB)
第154回 2007年
2月2日
平和構築:国連の役割と課題 長谷川 祐弘 氏
前国連事務総長特別代表(東ティモール代表)、法政大学法学部教授
<報告書>
第154回報告書(PDF 184KB)
第153回 2007年
1月16日
変化する開発-新しい官民パートナーシップの形(Global Development Alliance) Mr. Jerry O'Brien
米国国際開発庁(USAID) グローバルディベロップメントアライアンスオフィス シニアアドバイザー
Mr. Michael Silberman
米国国際開発庁(USAID) グローバルディベロップメントアライアンスオフィス アジア担当
<報告書>
第153回報告書(PDF 153KB)
<配布資料>
Innovation in Development: The Power of Alliance Building(PDF 139KB)
第152回 2006年
12月20日
日本の南東・南西アジア外交 渥美 千尋 氏
外務省南部アジア部長
<報告書>
第152回報告書(PDF 147KB)
<配布資料>
ASEAN関連資料(PDF 478KB)
インド首相訪日概要、共同声明骨子(PDF 141KB)
インド関係資料(PDF 317KB)
第151回 2006年
11月28日
MDG目標5(妊産婦の健康の改善)とセクシュアル/リプロダクティブ・ヘルス
-IPPFの取り組み-
ジル・グリア氏
国際家族計画連盟(IPPF) 事務局長
<報告書>
第151回報告書(PDF 176KB)
<配布資料>
MDG目標5(妊産婦の健康の改善)とセクシュアル/リプロダクティブ・ヘルス(PDF 215KB)
第150回 2006年
10月18日
MDG目標4(子供の死亡低減)を達成するために
-世界の動向とUNICEFの戦略-
國井 修 氏
UNICEFニューヨーク本部 保健戦略上級アドバイザー
<報告書>
第150回報告書(PDF 141KB)
<配布資料>
MDG目標4(子供の死亡低減)を達成するために(PDF 538KB)
第149回 2006年
10月13日
援助効果向上へのDFIDの取り組み オーウェン・バーダー氏
DFID援助効果向上対策課長
<報告書>
第149回報告書(PDF 144KB)
<配布資料>
DFID's Vision of Aid Effectiveness(PDF 128KB)
第148回 2006年
10月6日
ジェンダーと国際保健医療 青山 温子 氏
名古屋大学大学院 医学系研究科 教授
<報告書>
第148回報告書(PDF 162KB)
第147回 2006年
9月21日
アフリカ、貧困削減、気候変動:
IRRIの戦略的対応
ロバート・ジーグラー氏
IRRI(国際稲研究所)所長
<報告書>
第147回報告書(PDF 162KB)
<配布資料>
IRRI's Strategy for Addressing Needs, Challenges and Opportunities 2007-15(PDF 442KB)
第146回 2006年
8月24日
MDGsの達成に向けた
国連ミレニアムキャンペーンの戦略
サリル・シェティ氏
国連ミレニアムキャンペーンディレクター
<報告書>
第146回報告書(PDF 172KB)
<配布資料>
ミレニアムキャンペーン-日本はミレニアムの約束を守るのか?(PDF 1.73MB)
第145回 2006年
7月31日
日本の母子保健と国際協力
-母子健康手帳から学んだこと-
中村 安秀 氏
大阪大学大学院人間科学研究科 ボランティア人間科学講座国際協力論 教授
特定非営利活動法人 HANDS 代表理事
<報告書>
第145回報告書 (PDF 177KB)
<配布資料>
日本の母子保健と国際協力 (PDF 503KB)
第144回 2006年
7月19日
タンザニアにおける援助協調の現状と課題-DFIDから見たPerspective- デビッド・スタントン 氏
DFIDタンザニア所長
<報告書>
第144回報告書 (PDF 160KB)
<配布資料>
Aid Harmonisation & The Joint Assistance Strategy in Tanzania (PDF 48KB)
第143回 2006年
6月1日
難民支援:現場からの提言 清水 康子 氏
国際協力機構 企画・調整部/社会開発部 援助協調シニア・アドバイザー
<報告書>
第143回報告書 (PDF 133KB)
<配布資料>
難民支援:現場からの提言 (PDF 27KB)
第142回 2006年
5月18日
日本の国際教育協力の将来像―世界銀行教育セクター戦略・研究からのインプリケーション― 黒田 一雄 氏
早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授
<報告書>
第142回報告書 (PDF 153KB)
<配布資料>
世界銀行の教育セクター戦略文書・研究書のレビュー (PDF 322KB)
日本の国際教育協力の将来像 (PDF 476KB)
第141回 2006年
5月11日
ミレニアム開発目標達成に向けてのUNFPA(国連人口基金)の取り組み トラヤ・オベイド 氏
UNFPA事務局長
<報告書>
第141回報告書 (PDF 176KB)
第140回 2006年
4月14日
西バルカンとアフガニスタンにおける平和の定着について 田邊 隆一 氏
外務省アフガニスタン支援調整担当特命全権大使
(前)在セルビア・モンテネグロ特命全権大使
<報告書>
第140回報告書 (PDF 164KB)
<配布資料>
The Afghanistan Compact (PDF 798KB)
Joint Conclusions of the Ministerial Conference on Peace Consolidation and Economic Development of the Western Balkans (PDF 245KB)