HOME事業紹介国際開発研究 大来賞 > 表彰式・記念講演会について

印刷する表彰式・記念講演会について

大来賞の紹介 受賞候補作品の募集 表彰式・記念講演会
これまでの受賞作品 事務局・お問い合せ先  

第21回(2017年度)受賞作品

第21回(2017年度) 「国際開発研究 大来賞」は下記の、二作品受賞と決定しました。
多くの皆さまより ご推薦・応募 本賞事業へ参加をいただき、ありがとうございました。


【助成】
本事業実施には、公益財団法人 三井住友銀行国際協力財団より助成を受けています。


  OKITA Memorial Prize for International Development Research



PR   

式典報告

第21回表彰式・記念講演会について 

この受賞を祝して、表彰式典ならびに執筆者による記念講演を開催致しました。
皆様、満場のご来場をありがとうございました。

日時:2018年2月1日(木)15:00~17:00

演題『開発研究の和製化を考える』 佐藤 仁
国際開発のキャリアステップとして英米の開発学大学院に留学することは定石になっています。
他方、日本の国際開発大学院は海外からの留学生が大部分を占めています。
ならば日本人が日本の大学院で開発を勉強する意味は、どこに見出されるか。
また、そこで学ぶべき開発学とはどのような特徴を備えたものであるべきか。
いまだに欧米のトレンドを追いかける日本の開発研究を真に和製化し、
世界に提示する可能性について拙著を踏み台に考えます。



演題『「近代化」は女性の地位をどう変えたか?
   タンザニア農村のジェンダーと土地権をめぐる変遷』  田中 由美子

慣習的な土地法や既成概念に阻まれ、女性が土地を自己名義で所有・相続することは難しい。
一方、タンザニアの農村では、女性の土地権が経時的に増加している。
女性たちは、幾多の弊害を乗り越えつつも、押し寄せる「土地権の近代化」の波に乗り、
自らの手に土地の権利を獲得してきている。女性たちの土地権の向上は、貧困削減だけでなく、
女性のエンパワーメントの達成にも大きく寄与している。
「ジェンダー視点に立った国際協力」が一層、求められている昨今、
本研究の成果を通じて国際協力に関わる研究者・実践者にとって今後何が求められているのかを、
一緒に考えていきたい。


会場:FASID セミナールーム (東京都港区麻布台2-4-5 メソニック39MT ビル6 階)

*式典・講演に続き、執筆者を交えた懇談会を、同会場にて開催しました。


第21回は、2作品受賞ですので、表彰式・記念講演会には例年よりさらに
各方面、ジェネレーションも多彩な方々が来場されました。
2017年度式典へのご来場、事業への参画 ご協力 ご推薦・その検討をして
下さったみなさま方どうもありがとうございました。    
今後ともご支援を賜りたく どうぞよろしくお願い申し上げます。



【記念撮影】
前列・左から田中氏、審査委員長 杉下、佐藤氏
後列・審査委員一同・左から
 FASID専務理事岡田、大野泉氏(GRIPS教授)、
 荒木光弥氏(国際開発ジャーナル社)、
 絵所秀紀氏(法政大学教授)、滝澤三郎氏(東洋英和客員教授)


第21回 審査委員長 講評
FASID理事長・審査委員長 杉下恒夫


第21回審査経緯の報告
FASID専務理事・審査委員 岡田尚美


賞状贈呈
左・佐藤氏、右・FASID杉下


記念講演・佐藤仁氏
『開発研究の和製化を考える』


佐藤仁教授 これまでの著作(会場に展示しました)


表彰
左・田中由美子氏、 右・FASID杉下


記念講演・田中由美子氏
(右は、司会:国際開発研究センター長 朝戸恵子)


記念講演・田中由美子氏



受賞作品と正賞(楯)


その他候補作品
第21回本審査対象作品 会場に展示ご紹介しました。


著者略歴

田中 由美子 (たなか・ゆみこ)
1951年神奈川県生まれ。国際基督教大学卒業、マンチェスター大学院経済社会学科修士、
東京大学国際協力学博士号取得(2014年)。1981年より国連工業開発機関(UNIDO)、
1983年より国連アジア太平洋地域経済社会委員会(UN-ESCAP)、1990年より
国際協力機構(JICA)国際協力専門員、評価監理室長、社会開発協力部長などを経て、
2017年9月より城西国際大学招聘教授(常勤)。専門は、ジェンダーと国際協力。
国連ウィメン日本協会理事、男女共同参画と災害・復興ネットワーク運営委員、
ケア・インターナショナル・ジャパン理事なども務める。

主要著書
『開発とジェンダー:エンパワーメントの国際協力』(大沢真理、伊藤るりとの共編著、
国際協力出版会、2002)、 “Promoting Gender Equality in Japanese Official
Development Assistance :  The Challenge of Assistance to Women in
Afghanistan”(2010) Leheny, David and Kay Warren, eds., Japanese Aid
and the Construction of Global Development , Routledge Contemporary
Japan Series, Routledge, Oxon, U.K., pp.187-213、”Transforming Gender
Relations in Disaster Risk Reduction: Case Study on the Philippines and
Sri Lanka” (2016) JICA and Georgetown Institute for Women, Peace and Security,
Washington D.C. (Co-author)、『はじめてのジェンダーと開発』(高松香奈、
甲斐田きよみとの共編著、新水社、2016)他。



佐藤 仁 (さとう・じん)

1968年生まれ。東京大学東洋文化研究所・教授(総長特任補佐)、プリンストン大学
ウッドロー・ウィルソンスクール客員教授 (Global Scholar)。日本学術振興会特別研究員、
イエール大学ポスドク・フェロー、東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻助手、
同研究科国際協力学専攻准教授などを経て2009年4月より東京大学東洋文化研究所に所属。

主著に『「持たざる国」の資源論―持続可能な国土をめぐるもうひとつの知』(2011年、
東京大学出版会)、『稀少資源のポリティクス―タイ農村にみる開発と環境とはざま』
(2002年、東京大学出版会)、『教えてみた「米国トップ校」』(2017年、角川新書)、
編著には、「開発と援助の未来学」『東洋文化』97号 (2017)やThe Rise of Asian Donors:
Evolution of Emerging Donors and the Impact of Japan. Routledge(2010年、共編著)
などがある。また学術論文は、World Development, Journal of Development Studies,
Development and Change, Comparative Studies in Society and History などの
国際学術誌に掲載している。

第10回 (2013) 日本学術振興会賞および日本学士院学術奨励賞、大同生命地域研究奨励賞、
発展途上国研究奨励賞、国際開発学会賞などを受賞。現在は、受け手からみた
日本の開発協力史と、競争に代わる社会原理の模索という二つのテーマを追っている。
東京大学教養学部教養学科で学士(文化人類学)、同総合文化研究科で修士(国際関係論)、
博士(学術)、ハーバード大学ケネディースクールで公共政策学修士を修了。



これまでの表彰式・記念講演会

第20回(2016年度)
第19回(2015年度)
第18回(2014年度)
第17回(2013年度)
第16回(2012年度)